世界遺産と建築のフリー画像

ドイツ シュパイヤーの街並みと大聖堂 【Dom zu Speyer】

フリー画像 Creative commons 0

MAP

エピソード 2009年8月26日

ドイツに来てもうすぐ二カ月。
ドイツ語で簡単な会話は交わせるようになったけど、英語の方が使用頻度が高い。
なんせ今は語学学校に通ってるわけで、みんなドイツ語話せない人たちばかり、自然英語での会話になる。

 シュパイヤー大聖堂は、ドイツで最も重要で最大のロマネスク建築の一つ。

1030年以前にコンラート2世が建築をはじめ、1061年に落成した。
中でも重要なのは、ドイツ皇帝・王の墓所として、ほとんど当時のまま保存されているクリプタ(地下礼拝所)。
 地下礼拝所クリプタ

シュパイヤーという街

2000年以上も前にローマ人が築いたシュパイヤーは、ヨーロッパでも最古の街の一つ。中世には大聖堂がけ建立され宗教・文化・商業の中心であり、後に宗教改革やファルツ継承戦争など歴史的事件の舞台となった。

しかし今はのんびりとしたいい街。街自体は、こじんまりしてましたが、かわいい感じ。
お昼は伝統的なドイツ料理を食べたけど、ドイツ料理の美味しさがわからない。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧




Ranking

Booking now…