世界遺産と建築のフリー画像

TURKEY Yerebatan Sarnıcı トルコ イスタンブール 地下宮殿

MAP

概要

屋根つきのビザンチン貯水槽の中で最も大きく通称”地下宮殿”と呼ばれるバジリカ・サルヌジュは、アヤソフィアからジャールオゥルへ続く通りの下にある。歴史資料ではこの貯水槽が最初にコンスタンラィヌス1世によって造られ、その後にはコンスティヌス皇帝により拡張されたと言述されている。
さらに史料によると、貯水槽上の高い土台の上に、ペイガムベル(預言者)ハズレッティ・スレイマンの青銅の彫像があったが、皇帝ヴァシル(867年一886年)により撤去され溶かされて、その場所に白分の彫像を建てさせたということが記述されている。この貯水槽は、バシリカ・ユリア(BasllicaGiulIa’バシリ力様式の行政施設であった建物)にちなみ、同種のバシリカ様式の貯水槽としてその名が称された。ここの水はボズドーウアンとマロヴァ水道橋を伝って、工一リカプ給水所から給水されている。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧




Ranking

Booking now…