世界遺産と建築のフリー画像

TURKEY Kayamakli カッパドキア【地下都市カイマクル】

MAP

概要

地下都市巡りをせずにカバドキァを語るべからず。
人を驚愕させる数多くの造りの中で最も知名度の高いものがネヴシェヒル~ニーデ間にあるカイマクルとデリンクユの地下都市である。火山灰の層を削り、時には地下8から9階にも及ぶこれらの設備は、狭い通路、換気孔、生活の場などをしてあたかも迷路を想わせる。
地下都市での生活はキリスト教時代以前に既に営まれていたが、頻繁に利用されたのはアラブの勢力に対しての避難所としてであった。アラブの脅威には様々な対策が練られたがどれも効を奏せず、キリスト教徒であった地元の人々はここに隠れて敵の撤退までの仮住まいとした。
危機に際しては円い石臼状の扉で遮断できた狭い通路、通気孔、非難用のトンネルなどをしてこの地下都市が完壁な防御の機能も有していたことに気づかれることだろう。大小様々な部屋、寝室、馬屋、テーブル、ワインの醸造所、教会等、日常生活に必要な全ての機能や道具は岩を削って作られた。
巧く設けられた通気孔のお陰で、地下の最も深い所に於いてさえ楽に呼吸する事が可能であった。地下都市建設に際して、掘り出した土や岩をどこに捨てたのか、この信じ難い規模の設備を完成させるまでには一体どの位の年月を要したのか、そしていつ、誰が利用してきたのか…。確かな答えは未だ得られていない。カパドキア地方に大きな危機が訪れた時代のものと想定されるが、碑文も装飾も皆無な為に、年代解明も困難を極めている。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧




Twitter でフォロー

人気の画像

プロフィール